昭和53年(1978)から発掘調査が行われいている「大内氏館跡」の
池泉庭園がこの度開園された。



昨年春、池泉庭園(2号庭園)の整備工事を受注。
平成17年(2005)の枯山水庭園(3号庭園)に引き続きの仕事で、
我社も総力をあげて取り組んだ。





特に発掘した遺構を埋め戻した後に嵩上げをし、
真上に1500年代前半~中頃の庭園を復元するというもの。
水をたたえる池もあり、防水対策と石組の再現など
苦労の連続であった。








[開園日配布資料より]

小雨の中、式典が進行。
終了後担当の解説付で庭園めぐり。

雨に濡れた庭園がしっとりと輝いていた。