史跡萩往還(国境口碑〜六軒茶屋跡〜天花坂口)

2011秋から始まった史跡萩往還の景観整備を3月中旬になって大詰めを迎えた。

こちらは、整備事業の一環のサインの整備と







五カ国語対応音声ガイドが聞ける、情報ボックスです。





そのようななか、3月17日(土)に『おいでませ!山口イヤー観光キャンペーン オープニングイベント「萩往還開き」風水のまち山口開運ウォーク』に合わせて、途中の六軒茶屋跡において昨年同様お披露目としての一日限りの茶屋を設けた。









朝10時に山口市菜香亭でオープニングセレモニーに参加した参加者約100名が語り部ガイドウォークツアーに出発。









天花坂口より四十二の曲りを経て、六軒茶屋跡に到着。この区間は萩〜防府間で一番の難所と言われている。





ここ六軒茶屋跡で地元銘菓「ういろう」とお茶と、笑顔で接待。男衆はハッピ、女衆と、多言語化のガイド(サイトマップはこちら)に協力して頂いたスペイン人男子、韓国人女史、うちのスタッフは着物を着用してのお出迎え。心身ともにほぐれたでしょうか。















景観も半年前とは見違えるほど美しくなっています。









萩往還音声ガイドを聞きながら、歴史の道を歩いてみませんか?