香山公園の片隅に、13代藩主毛利敬親のほか元徳・元昭及それぞれ夫人の墓「香山墓所」がある。





それを囲む御影石製の玉垣の一部が、墓所内の樹木の成長に伴い、傾きはじめていた。







又一部が倒壊しており、今回は樹木の伐採及び玉垣の一部取外し(復旧は後日)の工事が執り行われるのだ。
事前に古熊神社の真庭宮司によるお祓いがおこなわれた。